吉田 眞

吉田 眞 教授

■ごあいさつ

 大学にお世話になる前は、企業で通信ネットワーク/サービスの研究・開発、これらの管理・運用に関する研究・開発、そして、その成果及びIT・ネットワークサービスの世の中への提供に従事してきました。この間に、公社から民営への事業変革を経験し「公」に逆戻り、さらに独立法人化を経験してきました。新しい大学への発展のために、企業での研究開発・事業運営、国際コンソーシアムでのグローバル経験、さらに大学でのこれまでの経験を、多様な視点から活かしていきたいと考えています。
 将来を作る人材が育つ環境・仕掛け作りと在り方に取組んでいます。特に、これまでの国際フォーラム・団体への会長などの経験をも踏まえて、「多様な価値観と判断基準の存在・相手を理解して、グローバル社会を先導する」人材創り、これを育む環境の実現が今後ますます重要であると考えています。
 大学の第一の顧客は学生であり、さらに人材とあらゆる成果を使っていただく社会です。大学の基本は“真理の探究と学問の自由”ですが、その担保のためには社会における、そして将来の世界を創る共同体としての自己責任を果たすことが基本です。即ち、組織と帰属する人間が、その教育・研究の絶えざる革新を自ら進めねばなりません。機構の構成員と共に、学生、教職員の方々、さらに産業界と連携しつつ進めるつもりですので、皆様のご理解とご支援をよろしくお願いします。


所属学会等

  • 電子情報通信学会、情報処理学会、IEEE、日本工学教育協会、日本工学アカデミー
  • 電子情報通信学会フェロー、TMF (TeleManagement Forum) Fellow
  • 日本ネットワークセキュリティ協会(JNSA)顧問、TMF Advisory CommitteeMember, IEEE/IFIP CNOM 委員会関連国際会議運営委員等、電子情報通信学会ICM研究委員会顧問、等
  • 日本工学教育協会(JSEE)常任理事、同教育士(工学・技術)審査・実行委員長(2006-2009)、中国西安交通大学客員教授(2004-2007)
  • 工学博士 (東京大学)、特別教育士(JSEE)
  • 東京大学名誉教授(2010)

■対外発表(2002年以降)

 

論文、技術解説、報告書類

○構造化と可視化

大場、吉田:「東大教育プロジェクト“工学知の構造化と可視化”」、カレッジマネジメント 119(Mar.-Apr.) pp.34-38 2002

太田、美馬、吉田: 「工学知の構造化とカリキュラム構造の可視化」、可視化情報、vol.28, Suppl. No.1, July 2008

 

○教育へのIT支援の適用

吉田、小林:「情報ネットワークシステムの分散化」シリーズ、「電子政府を支える情報通信基盤技術」、第 4 回、郵政研究所月報、 16 、4、(通巻 163)、 pp . 163 - 181 、2002

吉田:「 IT システムの運用管理技術に関する最新動向の調査研究− TMW NICE での状況を中心に−」、工学系研究科研究報告書、July, 2003

吉田:「 IT システムの運用管理技術に関する最新動向の調査研究− TMW Dallas での状況を中心に−」、工学系研究科研究報告書、Jan., 2004

吉田:「TMフォーラムにおける海外最新OpS関連の動向調査」、工学系研究科、 July,2004

吉田:「欧州における情報通信(ICT)と次世代ネットワーク(NGN)に関する研究動向調査」第1版、工学系研究科、 Nov., 2004

吉田:「TMフォーラムにおける海外最新OpS関連の動向調査」、工学系研究科、Dec., 2004

吉田:「教育のIT支援について」、工学系研究科、Feb., 2005

吉田、内藤:「IST2004出張報告」、TTC Report、Vol.49, No.2、Feb., 2005

吉田:「豪州IT・ネットワーク動向の調査v.1.1」、工学系研究科、Mar., 2005

吉田:「ATISのNGN関連動向」、工学系研究科、Mar., 2005

吉田:「TMフォーラムにおける海外最新OpS関連の動向調査v.4(2005年度前半)」、工学系研究科、July, 2005

古田他:「東京大学における教育の情報化の取り組み」、 メディア教育研究 Vol.2. No.1, 2005

吉田:「TMフォーラムにおける海外最新OpS関連の動向調査v.1(2005年度後半)」、工学系研究、科Nov., 2005

古田他:「東京大学における教育の情報化の取り組み」、 メディア教育研究 Vol.2. No.1, 2005

吉田:「TMフォーラムにおける海外最新OpS関連の動向調査 第1.0版」、Nov., 2005

TTC:「我が国における情報通信分野の標準化活動の活性化に関する調査研究報告書」、March, 2006

吉田:「NGNマネジメントの最新海外動向調査」、工学系研究科研究報告書、 July, 2006

吉田「教育へのICT支援 - 東京大学TREEプロジェクトの活動」、CeRAニュース No.17, June, 2008

 

○工学・技術教育、人材育成、教育調査関連

吉田:「虚と実の区別がつきますか?」、 JNSA Press 巻頭言、 No.5 2002

吉田:「米国大学教育調査 1.6版」、   工学系研究科、Feb., 2004

吉田:「欧州工学系高等教育調査 v3」、  工学系研究科、Sept., 2004

吉田:「工学技術者教育の問題詳細版 v1.3」、 工学系研究科、Mar., 2005

中山他:「コアリッションによる工学教育の相乗的改革(第4報)」、,H17年度 工学・工業教育研究講演会論文集、 No. 6-104,Sept., 2005

吉田:「技術者教育を取り巻く状況について」 特集 これからの技術者教育、電気学会誌、pp.619-624,Vol.125, Oct., 2005

中山他:「工学系学部学生の「人間力」に関する調査」,工学教育,Vol.53, No.4, pp.46-51 (2005)

吉田:「技術者教育を取り巻く状況について」 特集 これからの技術者教育、電気学会誌、pp.619-624, Vol.125, Oct., 2005

吉田:「技術者教育をとりまく状況」 OHM 3月号、pp14-15、March, 2006

吉田:「技術者教育をとりまく状況」、先端科学技術要覧、pp. 、OHM 編集部、 May, 2006

吉田: 「諸外国の高等教育に関する動向調査」、工学系研究科資料、Sept. 2006

吉田:「教育士(工学・技術)審査・実行委員会報告」、工学教育、54、6、pp.31-33、Nov., 2006

吉田:「日本工学教育協会「教育士(工学・技術)」の認定制度について」 Ohm、2月号、 オーム社、2007

吉田:「工学部カリキュラムの変遷の分析」、工学系研究科報告書、March, 2007

吉田: 「電気系の改革活動例について ―MITの場合を中心に―」、工学系研究科報告書、May, 2007

吉田:「工学知の構造化と可視化 −東京大学工学部の科目の構造化−」、工学系研究科報告書、Sept., 2007

吉田:「工学教育関係の他大学、センタ等の活動調査」、工学系研究科報告書、 Nov., 2007

吉田:「差異つくり」オアシス、工学教育、56、2、pp.66

吉田:「工学知は体系化できる?」工学教育、57、2、p.63

吉田:「コミュニケーションしよう」工学教育、58−2、p.82、2010

永綱、吉田:「Wikiを利用したものづくり実験ゼミにおける創造的発想力の養成」、工学教育、事例報告、58−4、pp.115−120、2010

鈴木、吉田、森村:「国際社会をになうグローバルリーダー育成基盤の確立へむけて」、論説、工学教育、58−3、pp.5−8、2010

 

技術講演類

○構造化と可視化

藤原・大場・吉田:「読売・東京大学知識の構造化シンポジウム」東京大学安田講堂 Dec. 2003

大場・吉田:「工学部教育プロジェクト室の実践と教育改革 -工学知の構造化と可視化、 IT COL研究会、東京大学 Apr. 2004

吉田:「教育プロジェクト室の活動」教育システム研究開発センター信州大学教育研究会Oct. 2002

吉田:「教育プロジェクトの活動」 JNSA 教育部会工学院大学 Nov. 2002

吉田:「教育プロジェクト室の活動」高知工科大学全学教授懇談会、高知大学 Jul. 2003

吉田:「大学教育における新しい試み - 工学部教育の試み東大の例 - 」 2003 年度電子情報通信学会(信学会)総会特別講演予稿、新潟大学 Sep. 2003

吉田:「工学教育における新しい試み - 工学知の構造化と可視化 - 」情報セキュリティ研究委員会、東京 Nov. 2003

吉田:「工学知の構造化と可視化 - 工学教育での新しい試み - 」教育改革に係わる講演会、九州工業大学Dec. 2003

吉田:「工学知の構造化・可視化( IT 適用含め)」“技術情報などを活用した教育改善”意見交換会信州大学研究会 Feb. 2004

吉田:「工学知の構造化・可視化」 JNSA 教育部会研究会、東京私学会館 Mar. 2004

吉田:「工学知の構造化と可視化 −工学教育での新しい試み−」、東京工業大学 

第1回GSICセミナ、大学教育に於ける知識資源の構造化と人材確保、Jan. 2005

吉田:「工学カリキュラムの構造化」、信州大学高等教育システムセンター、カリキュラム検討会Apr.、2005

M. Yoshida:“Structuring and Visualising the Engineering Knowledge -Basic Principles, Methods and the Application to the UT's Engineering Curriculum,” APRU DLI 2007, 1A-4, Bangkok, Dec. 2007

太田、美馬、吉田: 「工学知の構造化とカリキュラム構造の可視化」、可視化情報、vol.28, Suppl. No.1, July 2008

美馬、吉田:「工学知の構造化とカリキュラム構造の可視化」、AHELO第7回研究会、Apr.2010

 

○教育へのIT支援の適用

吉田:「ネットワークと教育と、、、」東大情報理工 ARA シンポジウム、パネル討論“ネットワークメディア時代のコンテンツの可能性を探る”東京大学山上会議所ホール July, 2002

吉田:「 IT システムの運用管理技術に関する最新動向」 IT システム研究報告会、東京 July, 2003

吉田:「 IT システムの運用管理技術に関する最新動向」 IT システム研究報告会、東京 Feb., 2004

吉田:「e-Learning - 多様化とその要因」、第12回大学教育研究フォーラム ラウンドテーブル企画「e-Learningが高等教育に与える影響」、27 March, 2006

吉田:「ユビキタス コミュニケーション −デジタル情報社会とグローバルコミュニケーション」、
「ユビキタスネットワーク社会における中山間地域のFTTH利活用方策調査」報告会、於美郷町山村開発センター  16 Feb., 2006

吉田: "Global Collaboration in the ICT-aided Learning/Education," International Session on Engineering Education, 54th Annual Meeting, JSEE, July 2006, Kitakyushu

吉田:「次世代通信サービスとマネジメント」、GEマネジメントセミナー”次世代通信ネットワークサービスとビジネス運営”、特別講演、6 Oct., 2006

M. Yoshida:“Towards Ubiquitous Learning and Education,” APRU DLI 2006, 1A-1, Tokyo, Nov. 2006

M. Yoshida:”Next Generation Management in the FMC Era: TMF Value,” FIXED Session 7 - Day 1, Mobile Convergence Asia 2007, Kuala Lumpur,

E.Yamamoto, H.Aida, M.Yoshida: "The Strategy of the OCW and its Current Progress at the University of Tokyo," Open Education Conference 2008, Dalian, 24-26 April, 2008

山本、相田、吉田:「東京大学における教育の情報化−東京大学オープンコースウェア(UTOCW)の活用−」、平成21年度 工学・工業教育研究講演会、講演論文集「オープンコースウエアとその活用」-I、10-216

E.Yamamoto, M.Yoshida, H.Aida: "Informatization of Education at the University of Tokyo - Utilization of the UT OpenCourseWare -", 1st Asia Regional OCW Conference, Nov., 2009, Seoul

K.Morimura, M.Yoshida, S.Suzuki: "SNOWBALLS - Self Navigation Web-Based Literacy Learning System" and the Utilization of OCW Resources for Global Education, OCW Conference, May, 2010, Hanoi

吉田:「ICT教育Square」、情報通信教育者合同会議2010、パネル討論、18 Aug., 2010, Tokyo

鈴木、吉田、森村:「SNOWBALLSの設計と構築 −東京大学キャンパス国際化のためのe-learningシステム−」、H22年度 工学・工業教育研究講演会論文集 10−217、Aug., 2010、Sendai

重田、山本、相田、吉田:「東京大学における『教育の情報化』」、H22年度 工学・工業教育研究講演会論文集、10−110、Aug., 2010、Sendai

 

○工学・技術教育、人材育成、教育調査関連

吉田:「これからの工学・技術者教育」 平成17年度電気学会全国大会 予稿集、シンポジウム 「これからどうする技術者教育」、1-2S-2、Mar., 2005

M. Yoshida:「Managing Globally Interwoven Multiple Life Cycles」 IFIP/IEEE Integrated Management Symposium (IM) 2005, Nice, May, 2005

吉田:「これからの技術者教育」、JNSA成果講演会 教育部会特別講演、June, 2005

吉田:「大学から見た取り組み」、電気学会 平成17年度 公開シンポジウム「若者に電気の夢を」、28 Feb., 2006

中山他:「コアリッションによる工学教育の相乗的改革(第8報) − 卒研生調査 (2005年度)−」、
平成18年度 工学・工業教育研究講演会論文集、 No. , July, 2006

吉田:「教育士資格認定制度の概要」、教育力向上セミナー、JSEE、25 Aug., 2006, 東京

吉田:「日工教における教育士(工学・技術)資格制度と継続教育ポイント導入について」、
18年度工学教育連合講演会、9 Spet., 2006, 東京

吉田:「教育士資格認定制度概要」、第1回日工教教育力向上セミナー、25 Aug., 2006

吉田:「教育士資格認定制度の概要」、第2回日工教教育力向上セミナー、1 Dec., 2006

吉田:「教育士(工学・技術への道」、日工教年次大会、日工教事業企画活動報告、5 Aug., 2007 

吉田:「教育士資格認定制度の概要」、第3回日工教教育力向上セミナー、31 Aug., 2007

吉田: 「工学士(工学・技術)資格認定制度について」、第9回教育改善シンポジウム、14 March, 2008

M.Yoshida: "JSEE Professional Engineering Educator Accreditation System," JSEE Annual Conference, International Session W-13, Kobe, 1-3 Aug., 2008

吉田: 「教育士(工学・技術)への道」、日工教年次大会、日工教事業企画活動報告、3 Aug., 2008

永綱、吉田: 「ものづくり実験ゼミを利用した発想力と課題解決力教育」、 日工教年次大会、予稿集4−110、1 Aug., 2008

吉田: 「教育士(工学・技術)について」、日工教教育力向上セミナー、29 Aug., 2008

吉田: 「"新たな教育方法に向けて"趣旨と背景」、先進的工学教育講演会、工学系研究科、19 Dec., 2008

永綱,吉田 : 「Wikiを利用したものづくり実験ゼミにおける創造的発想力の養成−発想し、実践し、共有して、創発する−」、H21年度 工学・工業教育研究講演会、講演論文集No.2-108、Aug., 2009

M. Yoshida: "Better Learning and Teaching - Utilising Graduating Student Survey -"「継続的な教育改善に向けて - 達成度調査の活用 -」、OECD−AHELO 大学教育の質の向上に関する国際ワークショップ、29 Sept., 2009、Tokyo

M.Yoshida, K.Morimura: "Promoting the Global Leader Education at the School of Engineering, UT," 58th Annual Conference of JSEE, Int'l session W-02, 20-22 Aug., 2010, Sendai

 

その他

○教育関係

吉田:「グローバライゼーションと次世代への期待」キャリア形成講座、島根県立大学 June, 2003

M.Yoshida"Globalisation for the 21st Centure," Xi' an Seminar、西安大学、 Dec., 2003

吉田:「グローバライゼーションと次世代への期待」、キャリア形成講座 I及びII、島根県立大学、 June, 2004

吉田:「ダブルメジャーの動向」、東京大学理学部生物情報科学学部教育特別プログラム公開シンポジウム, July, 2004

吉田:「グローバル科学技術リーダへの道 Way to the West or Unknown Universe - Global Science and Engineering Leaders -」、 融合情報学特別講義IV(基盤情報学特別講義V)、Nov., 2009

 

○書籍等

松本・小宮山監修:「知識・構造化ミッション - 大学は表現する」、”Mission 5 社会に語りかける知識構造化” 日経BP、Aug. 2005

小宮山、松島他:「動け!日本−イノベーションで変わる生活・産業・地域」、動け!日本タスクフォース編、「第三部IV、大学改革の例」、日経 BP、 pp.390-419、 Apr., 2003

「東京大学工学部 2007>2008年度版、及び 2008>2009年度版、Part1 国際化とものづくり/工学教育改革」、日経BPムック「変革する大学シリーズ」、pp.16-18